影響を受けたコミック。もはや人間生の聖書となります。

私が影響を受けたマンガは「新世紀エヴァンゲリオン」だ。社会現象にもなったこういう品物ですが
もう、20年も前の品物になりますが、当時中教え子だった私はとても衝撃を受けたマンガでした。
それまでは、ロボットもののマンガでも正邪がはっきり書かれていて、亡ぼすべきユーザーが小さい人というのがしっかり判るマンガでした。
なのに、こういうマンガは地球を「使徒」から続けるための、ロボットパイロットの少年が乗ることをためらい積み重ねる条件だったのです。
いままでは低いものを倒すという痛快さがよかったのに、いきなり主要人公に心構え移入すると自分のくらいさに目を向けていかなければならないのです。
こんな主要人一般が葛藤する組み合わせが自分と重なり、もろいという現象通じるということを心情されられました。
世間では、主要人一般が軟弱でキライなどという分別もありますが、全然そうは思わずにむしろか弱いのにがんばって戦って要る組み合わせを見ていると
自分もがんばろうという心境があったと思います。
振り返ってみると20年間で、こういうマンガを見たことによって、各種生きていくうえでの弊害がありました。
役割だったり、人間関係だったり、恋愛だったりいろいろありますが、考え込むことが普通であり、それをどう超えていくのかを金字塔最初に考えたきっかけであり、
見分けることによって人中継観を変えた品物でした。ただし、いい意味でも腹黒い意味でも激しく考えすぎてしまうオリジナルになったのもこういう品物を見たからです。
いまだに、新規画像が作られている関連ですが、いい加減速く新しいものが見たいということも付け加えて起きます。